今日のアッシュ。
ペタンコ耳~♪
f0015615_101746.jpg
先日の来院から腫れが治まっている・・けど吸収はあまり進んでいないということで
今日は注射器ぶちゅ。抜いてもらいました。
先日はぶっとい注射器2本分。
今日は1本弱の吸引・・・+獣医さんが絞り出すように指でぶにゅぅっと。

前回は抜いた直後からジワジワと腫れが復活しましたが
今回は触れると多少浮遊感は出てるけれどパッと見、解らない程度。
治りさへすればどーでもいい、とは言いながら
気になっていた萎縮、変形の後遺症も
余程アッシュの耳を知ってる人じゃなければ(笑)解らない。よかった。
触るとさすがにちょっと肉厚になっていて硬くなっていますが
獣医さんに最初に脅されていた(!)のでその時の予想を思えば問題ない範疇。
このまま腫れないことを・・これ以上腫れる→抜くの繰り返しにならないことを祈ります。




昨日ここで触れた副作用と思われるンコ&チッコ問題(!?)も相談してみました。
いきなり薬を止めるのはやめた方がいいということでしたが
大幅に減薬。投薬の回数も少なくなりました。
整腸剤がプラスされましたが。(苦笑
これで元の木阿弥になったら・・・な不安がないわけでもありませんが
炎症はほぼ治まっているので
薬を減らしたからいきなり元通り(パンパンに腫れる状態)になってしまうということはない、
ということだったので、念の為と副作用の出る薬をそのまま飲ませ続けるよりは・・・
減薬の方向でお願いしたのでした。
f0015615_1335256.jpg
診察前のアッシュ。
横向きでほとんどわからないけれど
ふんわり!?と腫れぼったい。
この状態はもうゴメンだっ

次回の診察は木曜日。
診察の間隔もあきました。
次回からは外耳炎の治療のみに切り替わるといいなー。
その後腫れてくることなくほぼペタンコ耳が維持できているアッシュの姿に
とても気持ちが楽になったワタクシなのでした。

余談ですが・・・。
待合室で娘さんに絵本を読みきかせたり、ほのぼのとアッシュを含め
他の患犬達と触れ合っていた微笑ましい親子。
お話し伺うと、6歳フラットちゃんの飼い主さん。
湿布薬を4枚丸呑みしちゃったそーな。
フラットちゃんは朝から奥で(吐かせられるか手術になるか)様子見中とのこと。
笑顔混じりにその時の状況を説明していただく・・・。
ええ!?
そんな呑気(失礼・(^_^;)な状態で待っていられる
その強い?精神力がうらやましい。
いえ、自分では何も出来ないのだしアタフタしても仕方がない。
けど・・だけど。私ならとてもほのぼのとはしていられないなぁ。(汗
それがアッシュにとっても良くないことだと解っているんだけど・・・。
母は強し、てことでしょうか。ね?
その後・・・。
私(アッシュ)とほとんど入れ違いで呼ばれたそのフラットちゃん飼い主親娘。
直後、フルパワーなフラットちゃんが診察室から飛び出してきて
そのまま風のように院外(駐車場)へ。((爆))
戻っていらした飼い主さんに伺うと無事吐いて出てきた、と。
一緒に他のモノも出てきたそーな。
・・・!!
無事に出てきてよかった、ヨカッタ。(^_^;
[PR]
by あしゅごろう by withash | 2008-10-24 00:00 | veterinarian
<< Refresh 今日のアッシュ。 >>