・・・ Retriever
2001年にスタートしたHPを閉鎖いたしました。

長い間、放置状態のHPではありましたが
ブログをはじめるまでほとんど毎日続けた日記、
お友達と過した時間、幼い頃からのアッシュの記録など
様々な思い出が詰まったものだっただけに
昨夜は0時を過ぎてから
もう無くなったかな?消えたかな?と少々淋しさのような
気分に浸りながら確認などしてしまいました。
実際には記録としてHPのデータは保存しましたので
個人的に見返すことは可能でそんな気分になるなんてちゃんちゃら可笑しいのですが。









現在は趣味や自分の興味のあることにすぐに辿り着いて
大量の情報や繋がりをもつことができる何かに特化したポータル的なサイトや
SNSが沢山ありますが―
今ほどSNSなどが一般的ではなかった頃、
欲しい情報やそれを共有できる仲間が集まる場所というと
当時はメーリングリストが主でした。
私がネットで欲しかった、知りたかった情報といえば
勿論アッシュのこと。
レトリバーのこと。
我が家にネット環境が整った後、メーリングリストなるものの存在を知って
レトリバーのメーリングリスト検索。
―入会したのでした。

自分がラブ飼いであること、↑・・のようにレトリバーに集中していたのだから
お知り合いになる方もレトリバー飼いの方が中心で、
当然といえば当然ですが
レトリバーに、レトリバーと暮らす方々の魅力に
どっぷりハマったのは言うまでもありません。
中でもラブがNo,1だわ!
そう思っています。世界一可愛いアッシュと暮らしていますからそりゃ勿論。
・・・ですが、ゴールデンのラブとはまた全然違ったあの柔和な表情、
知的で優雅に見えて、ちょっと抜けてる・・・もとい、
おちゃめな行動、運動能力・・・などなど、とても魅力を感じます。

ゴールデンにね、とっても大好きなコがいます。
出会いはメーリングリストでした。
そのメーリングリスト解散後はHPとブログを訪れました。
私のイメージするThe Golden Retriever。

ろっきがこうだからご家族がそうなのか、
ご家族がそうだからろっきがこうなのか。

当然、その両方なのですが、
訪れるといつもそんなことを考えます。

ろっきのこれまで起こしてきた奇跡、飼い主さんへの眼差し・・・
かあちゃんの綴るご家族の日常、ろっきへの想い・・・
絆の深さを目の当たりにしたような、そんな風に感じるせいだと思う。


ろっきと、ろっきのご家族の時間が穏やかにゆっくり―
幸せな時間が一秒でも長く続きますように。


素敵な家族の存在をお知らせしたいと思ったのでした。
HAPPY WITH ROKEY



自身の身体の自由が効かなくなった時、
アッシュはこんな風に穏やかな目で―
信頼の眼差しで私を見てくれるだろうか。
『傍にいて』とアッシュに望んでもらえる存在でいるだろか。
f0015615_4345275.jpg

[PR]
by あしゅごろう by withash | 2010-10-01 00:00 | private
<< 秋桜  in 2010 お知らせ >>